日々の学び

ちょっとだけ「不自由な環境」が自分を成長させてくれる

こんにちは。yuikoです。

10月末~11月の頭にかけて、
私と夫の実家(どちらも九州)へ帰省していました。

今回は長めに九州に滞在したこともあり、
東京に戻ってきてから普段のペースを取り戻すのに
やや時間がかかってしまいました。

ですが、普段と全く違う環境で過ごすというのは
自分の視野を広げたり
新たな学びを得たりするのに
とても良いきっかけにもなりますね。

今回の帰省で感じたこと、学んだことを
忘れないうちに書いていきたいと思います。

快適すぎる環境は人をダメにする

これが自分自身の実家で感じたことです。

普段はワンオペ育児の私。

帰省が決まってからは、

「せっかく実家に帰れるのだから
両親にちょっと甘えて
羽を伸ばさせてもらおう。」

と、やりたい事もリストアップして
張り切っていました。

がしかし。

時間に余裕がある環境で
完全にダラけてしまいましたー(涙)

もっと有意義に使えたはずの時間は
あっと言う間に終わってしまい
やりたい事リストも全く終えることができませんでした。

普段東京でワンオペ育児中の自分の方が
はるかに時間は上手に使えていると思います。

甘えようと思えばどこまでも甘えることのできる
「自分の実家」という環境で
完全にダメ人間生活を送ってしまいました。

里帰り出産で帰省中も
同じような事を感じました。

産前にやっておけばよかった事をサボったがために、
産後の忙しい今、頑張るハメになっています(笑)

快適な環境に居続けると、
人間はどこまでもダメになる

というのが今回の結論。

忙しすぎて、心を失うのは良くないですが、
ある程度の「制限」や「不自由さ」って、
やるべき事をサクサク進めたり、
やりたい事をどんどん実現していくためには
必要だなあと感じたのでした。

 

「普通」って言葉を使わないようにしたい

東京での暮らしが段々と長くなり、
久しぶりに九州に帰ると、

生まれ育った土地とはいえ、
色んな価値観や判断基準の違いに
戸惑うことがあります。

(それが良いとか悪いとかって話しではなく。)

普段自分が「普通」と思っている事は
一歩外に出ると「普通ではない」
のだなあと、特に今回の帰省では感じる機会が
たくさんありました。

気をつけていないと
自分の価値観とは異なる価値観に触れたときに
感情を乱してしまいがちです。

ついつい、
「普通は~だよね」
って思ってしまいそうになりますが、

自分が「普通じゃない」と感じることは
相手にとっては「普通」なんですよね。

そして、
それを批判する資格は私にはない。

これを心にとどめておかないと、
気づかないうちに
不平・不満を溜め込んでしまいます。

最初は戸惑ってしまうような事も
いくつかありましたが、

必要なのは、
変化や価値観の違いを
受け入れる柔軟さだな

と、視点を変えることで、
たのしく滞在することができました。

普段と違う環境になった時、
イライラ、ストレスを溜めることもできるけど

なるほど、そういう考え方もあるんだな
なるほど、そういう文化もあるんだな

と違いを楽しめる視点を常に持ちたいなと
思いました。

帰省時に限らず、
日頃から意識していないと、
ついつい自分の価値観で物事を判断
してしまいます。

判断するだけならまだしも、
人にアドバイスなんぞしようものなら、
迷惑極まりないですよね^^;
(でも、つい良かれと思ってやってしまいがちですね)

なので、今後は特に意識して
「普通は」って言葉を使わないようにしたいなと思いました。

人生を変えたいなら環境を変えろというのは本当だと思う

今回は普段と大幅に違う環境で長めに過ごし、
普段は過ごさない人たちとたくさん触れる機会がありました。

環境が変わると、一気に価値観が崩壊します。

頭では分かっていましたが、
環境による影響の大きさを
ものすごく実感しました。

そして、自分の意志の力というのは、
なんてちっぽけなのだろうとも思いました。
←何だか悲しいですが(笑)

人生を変えたいなら、
まずは環境(住む場所、付き合う人など)を変えろ

といった言葉はよく耳にしますが、
これは本当にそうだなあと感じます。

意志の力というのは実際ものすごく小さくて
人は結局環境に影響されていますね。

  • 悪い習慣を断ち切りたいとき
  • 良い習慣を身に着けたいとき
  • 自分の人生の方向転換をしたいとき

なんかは、
意志の力で頑張るのではなく

環境を整えること
環境を変えてみること
を意識していきたいなと思います。

 

p.s

とりあえず、
産後に増えた体重が
突然減らなくなってしまったので、
環境を変えて、
2017年のうちに
ダイエット成功した!

…とこのブログに書けるように
したいなと思いました。

自宅にいながら「教えること」を仕事にする

自宅で働く方法は様々ですが、私がお勧めしているのは
「教えること」を仕事にするライフスタイルです。

誰かの役に立ちながら、
自分の得たい収入も働く時間も選べる働き方を目指したい方に向けて
私が実践していることや学んだことを書きました!