ライフスタイル

「いつでも人を呼べる部屋」で快適な毎日を過ごすための3つのコツ

こんにちは。YUIKOです。

私は自宅で教室を開業しているので
毎月必ず「お客様」を自宅に招いています。

そのお陰で、気づけば我が家は
いつでも人を呼べる家になりました。

いつでも人を呼べる部屋を作れると、
来客時に慌てなくて良いのはもちろん、
毎日をとても快適に過ごすことができます^^

今日はそんな私が日々取り組んでいる
いつでも人を呼べる部屋を作るコツをお伝えします^^

人を呼べる部屋にするためには、ここだけ意識すればOK

人を呼べる部屋ってどんな部屋でしょうか?

人によって定義は様々ですが、
やはりどんな場合にも共通するポイントは、

生活感がないこと

これに尽きます!

しかし、生活感を無くす!と言っても
実際に生活しにくくなってしまっては本末転倒ですね^^;

あくまでもここで目指したいのは

  • 人を招ける部屋であること
  • 自分自身や家族が毎日快適に暮らせること

の両立です!

では実際に生活感を抑えつつも毎日を快適に暮らすためには
何をすれば良いのでしょうか?

次から生活感を無くす為の具体的なコツをお伝えしていきます。

物を減らす

生活感のない部屋を作るために必要なポイントの1つが
物が少ないということです。

物が多いと気が散るし、雑多な印象になってしまいます。

が!

片付けられない人
片付けられない人
そんな事はわかってるけど、
物を減らすのが難しいから悩んでるんじゃい!!

というのが片付けられない人の意見かと思います(笑)

スムーズに物が減らせたら、
多くの人は片付けで苦労しないですもんね^^;

私はかなり家の物が少ない部類に入ると思うのですが
(来客された方の意見から)
物を減らすためにやっている工夫はこんな感じです。

物を溜めない仕組みを作る

物が少ないスッキリした部屋を作るには、
物を気合いで「減らそう!」とするよりも

物が溜まらない仕組み

を作ってしまう方が断然効率的です^^

おしゃれなお店や、居心地の良い空間、ホテルなどは
余計な物がありませんよね。

もちろん、いきなりそのレベルは目指さなくても良いですが、
ぜひ、「溜まらない仕組み作り」を意識してみてください。

物を減らしたい!少ない物でも不自由なく快適に暮らすコツとは?こんにちは。YUIKOです。 我が家は究極に物が少ないらしく、 教室にお越しいただく生徒さんからは ここに本当に住んでいるん...

役割が1つだけものを減らす

用途が1個だけになってしまうものを減らすのも
物を減らすためにオススメな方法の1つ。

例えば我が家には

  • バスタオル
  • 炊飯器

がありません。

バスタオルは場所も取るし、干すのも大変なので
1人暮らしの時から使っていませんが
何も不便していません。(ここは人によりますが…)

また炊飯器は場所も取るし、
(基本的には)用途はご飯を炊くのみ。

こちらも1人暮らしの頃から鍋炊きで済ませています。
15分程度で終わるので楽々です!

あと、「台拭き」のようなものもありません。

市販のダスターを
台拭き→キッチン用台拭き→掃除用
と降格させながら、使い捨て感覚で活用しています。

ダスターはお値段もそこまで高くはないし、
個人的に漂白等の手間もなく、
お掃除も捗るので一石二鳥^^

あ、ちなみにこんなやつです。

「カウンタークロス」などの名前で検索すると出てきますよ。

他にも色々ありますが…

用途が1つだけのものって、場所も取るし
他の物で代用(兼用)できるものって結構あります。

(特にキッチン周りやお掃除道具、洗剤類!)

いつも使うのが当たり前になっている物こそ
見直すチャンスかもしれません。

ここでの注意点は
あくまでも兼用して「不便」にならない事。

減らしたはいいが、不便になっては
快適から遠のいてしまうので、

兼用できる物が見つかったら、とりあえず試してみて、
「あ、これが無くても大丈夫かも!」
と思えたタイミングで手放すのがオススメです^^

捨てるか迷う物にはこう対処する

物を減らしたいけど捨てられない…

という悩みも多いと思いますが、
物を減らすためには、
やはり捨てなくてはならない物も出てきます。

それでも迷う物は
王道ですが期限を決めるのがオススメです。

捨てるかどうか、「今」は決められない!

という物は、「とりあえずBOX」
みたいなものを用意して、
とりあえずそこに投入!

あとはスマホのカレンダーや手帳などに
リマインドを入れて置いて改めて見直す。

この時に

  • この日までに使わなかったら捨てる
  • この日までに思い出さなかったら捨てる

と何かしら、捨てるかどうかの判断基準を決めておけば
その条件に合わなければ捨てることができます。

また、どうしてもそれでも迷う時には

またこれを、お金を出して買いたいか?

という事を考えるのも
自分の感情を客観視しやすくなります。

買わないなーと思ったら、
それは本音では必要ないと分かっているので
潔く手放してしまいましょう(笑)

次は、物を減らすのは限界!
と感じた人向けの方法をご紹介します。

物を隠す

いくら物を減らしたとしても、
生活感のあるものを一切排除って、やっぱり難しいですよね。

そこでオススメなのは、
物を隠すという事。

隠すといっても、クローゼットに
お客様に見せたくない物を詰め込んで
とりあえずその場しのぎ!!

ってイメージではありません。
…むしろ、それはやっちゃダメ(笑)

次から物を隠す具体的なコツをお伝えしますね^^

可動式のものを使う

私は1歳児の娘の子育て中ですが、
子育てグッズこそ生活感丸出しです^^;

子育て関連のおもちゃや洋服、絵本などは
全て可動式の収納用品に収納しています。

我が家は無印のポリプロピレンストッカーが大活躍!
スリムで場所を取らないし、ホコリも入らず快適!

来客時には見せたくないものを
サササーっと他の部屋に移動するだけでOK!

生活スタイルを変える必要なく、
生活感を無くしたい時にすぐ無くせるので
この隠し方はとってもオススメです。

子育てグッズに限らず、

使う用途は多いんだけど、
どうしても生活感が出てしまうアイテム

というのは、可動式の収納で対処してみる作戦を
考えてみてはいかがでしょう^^?

見せる収納に切り替える

どうしても隠せないもの、移動できない物は、

収納用品を見せてもOKなもの
に変えてしまうのも手です。

物が丸出しだと生活感が溢れ出てきますが
きちんとしたBOXに収納されていれば
きちんとした印象になります。

またもや無印ネタですが…
我が家は無印のラタン収納BOXを「見せる収納」として活用しています

※写真は我が家ではなく無印の通販サイトのスクショです!

棚の下にあるのがラタン収納BOXです。
シェルフも揃えているので、サイズがぴったりで快適です。

見せたくない物はこういった見せてもOKな収納用品に
ぽいぽいっといれてしまうのが楽ですよー!

では次は片付けというより、
ちょっと掃除に近いお話になります。

部屋を清潔に保つ

物を減らしたり隠したりするだけでも随分と生活感のない部屋
=いつでも人を呼べる部屋

に変わると思います。

が、もう1点気をつけたい場所があります!
それが清潔感です。

私の家は築年数が長いため
この清潔感にはとても苦戦していますが^^;

日々心がけている事をご紹介します。

水回りを常に綺麗に保つコツ

水回りの掃除は溜めると辛いですよね^^;

水回りが整っていないと、気分が下がるし、
何だか運が悪くなりそうな気がするので(笑)
私は水回り掃除は朝の習慣にしています。

朝でなくても良いですが、
掃除関連のタスクは、習慣にするのがオススメ。

習慣になると、逆に汚れていると落ち着かない!
という状態になりますよ。

でもここでも完璧を目指すとキリがないし
続かないので

これだけやる!

という、最低限やる事だけを決めてしまうのがオススメです。

+αのお掃除はできる時にやる、
というスタンスです。

我が家でやっているのは

  • 鏡を磨く
  • 洗面台の中を磨く
  • トイレの便器掃除
  • トイレの床ふきをする

といった程度ですので5分くらいで終わります。

あ、余談ですが、キッチン周りは
夕食後洗い物が終わったらそのままの流れでシンクを閉めるので
ここでは省きます。

掃除って、やるぞ!と思うと
なぜかやる気が無くなっていきませんか?笑

なので、やる気を燃やさずに
淡々と片付けられるようになろう!

という提案でした。

空気に気を配る

生活感の出やすいものの1つに
「空気」があります。

来客時にはこの「空気」にも気を配ると良いです。
(来客時でなくても気を配るととても快適です)

  • 換気をする
  • アロマを焚く

我が家はこれだけでも大分変わりますが
あとは定期的に壁を拭いたり
カーテンを洗う頻度を増やしたり

どよーんとした空気にならないように
気を配っています。

ナチュラルな消臭剤なんかを玄関やリビングに
常備しておくのもオススメ。

(人工的な匂いのものは逆に具合が悪くなるときがあるので^^;
個人的に無臭の消臭剤が好きです。)

まとめ

Concrete Room Corner Shadow Cement Wallpaper Concept

今回は、
いつでも人を呼べる部屋を作るためには
生活感を無くすことに意識を置こう

というお話でした。

具体的な取り組みとして

  • 物を減らす
  • 物を隠す
  • 清潔を保つ

の3つをご紹介しました。
何か特別な事をするというよりは
日常のちょっとした心がけでも
結構変わってきます。

あとは、基本的に自分自身が心地よく過ごせるかどうか??
という部分を考えると、改善すべき点も見えやすくなります。

住環境や価値観は本当に人それぞれですが
何か参考になるものがあったらぜひ試してみてください^^

それでは、ありがとうございました!

自宅にいながら「教えること」を仕事にする

自宅で働く方法は様々ですが、私がお勧めしているのは
「教えること」を仕事にするライフスタイルです。

誰かの役に立ちながら、
自分の得たい収入も働く時間も選べる働き方を目指したい方に向けて
私が実践していることや学んだことを書きました!