クッキングシート?オーブンシート?結局何を選べばいいの?

最初に言います。
今回のテーマはとても地味です。

でも、後々大切になってくる

クッキングシート

についてのお話です。

…うん地味だ^^;←しつこい

早速見ていきましょう!

※注
オーブンペーパー、オーブンシートなど
呼び名や定義が商品や人によってやや異なるので、
ここではまとめてクッキングシートと書かせていただきます。

キッチンペーパー
とは異なりますので(ここ間違えたら悲劇)
ご注意ください^^

クッキングシートの用途

地味だけど、お菓子づくりに欠かせないクッキングシート。

用途は

  • 焼き菓子やパン等を焼く時に敷く
  • 型紙にする

というものがメインかと思います。

お料理では、
落し蓋や、食材を包んでグリルしたりする時にも活用できますよ^^

このクッキングシートですが、
選び方を間違えてしまうと地味~に作業中のストレスが溜まります(笑)

そんな小さなことでストレスを溜めるのは
とてももったいないですね!

なので、予め長くお付き合いできる
オーブンシートを決めておくことを心よりお勧めいたします_(._.)_

クッキングシートの選び方

注)お菓子づくりの目線からお話します。

私がクッキングシートを選ぶ時には

  • 大きさ(紙の幅)がしっかりとあるか
  • 表面がツルツルしていないか

という2点を絶対にチェックします。

大きさ(紙の幅)がしっかりとあるか

これは完全に「大は小を兼ねる」ということです。

紙の幅が狭いと、たくさん焼く時や、
大きな型の敷き紙を作る際にとても不便です。

なので、最初から幅のあるクッキングシートを選ぶことをお勧めします。

表面がツルツルしていないか

表面がツルツル=生地がくっつかなくて良さそう!

と思うかもしれませんが、正直かなり使いづらいです^^;

特に型紙を作る際には形状もキープできないので(すべる)
個人的にアンチつるつる派です!!

スーパーで売っているものは、
結構つるつるさんが多いので、
私は昔からクッキングシートの購入は
製菓材料店やネット派です。

お勧めクッキングシート

私は教室でこちらをずっと使っています。

アルファミック オーブンペーパー

幅よし!質感よし!

量もたっぷり入っているので、
残量を気にせずバシバシ使えます。

以前働いていた職場でも
こちらを使用していました^^

Amazonでポチっとすればすぐ届くし、
手に入りやすさも満足!

他にも良い商品はあるかと思いますが、
私はこの商品でとても満足しているので、
今のところ浮気の予定はありません。

頻繁にお菓子やパンを焼いたり、
オーブンの使用頻度が高い方で、
地味にクッキングシートに対してストレスが貯まっている場合は、

ぜひとも幅と表面(と量)を意識して選んでみてくださいね^^

それでは楽しいお菓子づくりを^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です