ひとり会議とメモ書きで脳内デトックスのススメ

最近、時間の使い方がまたアップデートされ、
快適指数が上昇中です。

以前もこんな事書いていました。

集中力を鍛えたら、毎日が幸せになった。

私は時間の使い方や日々の過ごし方は
常に「実験」しながら改良中なのですが、

何年も変えずに続けている習慣もあります。

個人的にはその習慣が
仕事での成果にも繋がったように思いますので、
今日はその習慣について書いていきます。



習慣1:ひとり会議の時間を持つ

ひとり会議といっても、要は

自分自身と向き合う時間をつくる
(その時間の優先順位をあげる)

ということが大切なので、
別に「ひとり会議」と称しなくても大丈夫です(笑)

いわゆる、セルフコーチングってやつだと思います。

もちろん、参考にしたのはこの本↓

1日10分であらゆる問題がスッキリする「ひとり会議」の教科書 (Sanctuary books)

帯に書いてあるこの文で
即購入した記憶があります。

やるべき事に囲まれて、
やりたい事に手が届かないあなたへ?

…はいはい!それ私っ!みたいな感じで。笑

当時は仕事で昇進したばかりでしたが、
やりがいよりも、プレッシャーに押しつぶされそうな毎日。

常に「あ、あれやらなきゃ」と
せかせかした気持ちで過ごしていました。

本の内容が分かりやすかったこともあり、
夢中になって読み進め、
早速その日から意識して「ひとり会議」の時間をつくるようになりました。

ひとり会議の流れ

ひとり会議の流れは下記の通り。

  1. 今直面している問題すべて書き出す
  2. それぞれ「どうなればいいか?」という質問の形に変える
  3. それぞれ「どうすればそうなるか?」という質問の形に変える
  4. それぞれの答えを「○○する」というTODOの形にして、
    スケジュール帳に書き込む

とてもシンプルな問題解決の手法ですね。

簡単そうに見えますが、
実際は、自分のためにひとり会議の時間を作り、
自分の中の問題と正面から向き合うことって、
意識しないとなかなかできません。

なので、重要なのは、1人会議そのものの
優先順位を上げることだと思います。

ひとり会議のメリット

私が感じているひとり会議のメリットはこういった点です

  • 今やるべき事が明確になり、目の前のことに集中できる
  • 決断が早くなる、決断に迷いがなくなる
  • 自分の視野を広げることができる
  • 新しい考え方や価値観、今までなかった発想が浮かぶ
  • 気持ちがスッキリして、明るくなる

などなど。

ひとり会議に取り組んでみると、
取り組んだ後のすっきり感が、とにかく病みつきになります。

私にとって、1人会議の時間は
自分の「ご褒美の時間」でした。

とにかく時間さえあれば、
頻繁にひとり会議を開いていたように思います。

一度、職場で
「趣味はひとり会議です」
という発言をして、

「は?こいつ何なの?」
みたいな視線を浴びたことも今となっては良い思い出です。

←あの人ちょっと変わってるよねー
的なことを言われていたと同期が教えてくれました(笑)

ひとり会議を趣味にしたyuikoのその後

ひとり会議に取り組むようになってからは、
まず最初に、ぐんぐんと仕事の業績が伸びました。

その後も、何か行き詰った時には
ひとり会議を頻繁に開くようになりました。

ひとり会議のお陰で、
何かに悩み続けることや、
物事が停滞し続けるという事がなくなりました。

また、この習慣を取り入れるようになってから、
周囲からは

  • 芯がある
  • ブレない

といった評価をされることが増えました。

まあ、実際には頻繁にブレて
頻繁にこじらせていますが…

ひとり会議のおかげで最終的には
進むべき道をはずさずに済んでいる気がしています。

習慣2:とにかくメモ書きで頭を空にする

ひとり会議の簡易版のような感じで、続けているのが、
「メモ書き」の習慣です。

時間を決めて、その時間内で
頭の中にある考えを、一気にメモに書き出すのですが、
これはかなりお勧めです!

ひとり会議同様、頭がものすごくすっきりするし、
時間もかけなくて済むので
これまたすっきり感が病みつきになります。

詳しい方法はこちらの手法を参考にしました。

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 

 

 

 

 

メモ書きの方法

やることリスト作成とかとはちょっと違っていて、

頭に浮かぶことを次々とメモに書く

という手法です。

まさに、「頭を一度空にする」といったイメージ。

これは毎日繰り返すことが結構重要なポイントで、
繰り返していくことで、
頭の整理がされ、気持ちも落ち着き、判断も早くなります。

本の中でも、メモ書きの事を
「トレーニング」と表現されています。

メモ書きのメリット

このメモ書きに取り組んで得られることです

  • 頭が整理される
  • 頭がすっきりして、気持ちがポジティブになる。(もやもやがなくなる)
  • 考える力が身につく
  • 頭の使い方が向上し、成長できる

などなど。

このメモ書きは、私の中で「脳の筋トレ」といったイメージです。

繰り返すことで、大きな力になることを感じています。

メモ書きを習慣にしたyuikoのその後

これはひとり会議に出会った後に取り入れた習慣です。

メモ書きは毎日で
1人会議は定期的に行う感じです。

私にとって一番良かったのは、
判断が早くなったということです。

ぐちゃぐちゃだった頭の中が整理でき、
今やることにしっかり没頭できるようになったことで、

1日の充実度が向上した

という実感もあります。

迷いがあると前に進めない

ひとり会議にしても
メモ書きにしても、

お陰で仕事の成果が出た
と書きましたが、

それよりも、

本当に必要なことを選べるようになる

という事の精神面での効果が大きかったと感じています。

もちろんまだまだ無駄なこともたくさんやってしまいますが^^;

それでもこの習慣を取り入れてからは

無駄な人付き合いでの疲れや
やりたくない事をやる事による消耗、
日々の迷いや虚無感

等が無くなったなーと感じています。

もはやこの2つは習慣になっているので、
メモ書きやひとり会議の時間が失われると
みるみるうちに弱っていきます(笑)

こういったブログでの情報発信にも
メモ書きやひとり会議はとても役立っています^^

もしも日々やることに追われていたり
やりたい事が後回しになっているという方がいらっしゃれば
ぜひ一度試していただきたいなと思っています。

やりたい事をやる
という点では、最近使っているCITTA手帳もお勧めでございます^^

CITTA手帳で2018年は手帳ジプシーを卒業できそうな予感

 

それでは!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です