マカロンの見た目にちょっとした変化をつけてみる。





マカロンの中身(ガナッシュやバタークリーム)は丸く絞るもの。

という事に何の疑いも持たずに過ごしてきました。

とあるきっかけで丸口金以外を使用することになりました。

今日はそんなマカロンの絞りについてのお話です。

(何ともマニアックー。)

丸口金で絞りたかったのに間違えて星口金を使ってしまった

今回の実験は、試作時のうっかりからの思いつきです。

先日マカロンの試作時に他のお菓子の試作もしていたのですが、
うっかり、マカロンのガナッシュを絞る時に星口金をセット。

既にガナッシュは袋に入っています。

じゃあ、星口金でやってみるかー
という背景があります(笑)

思いがけず可愛いという発見

絞ってみたら、意外と可愛かったんですよーこれが。

いかがでしょうか??

側面がナミナミ模様になります。(ちょっと分かりづらくてすみません)

可愛いというか、上品な印象になりました。

 

定番のぷっくり丸絞りもやっぱり可愛いですけどね^^

私は側面からもりもりはみ出そうなくらい
たっぷりクリームを絞るのが好きです。

どの口金が可愛いのかな?という簡単な実験も。

星口金でしぼるのもアリだなー

という事に気づいた私は、別の星口金で絞ってみました。

先日デコレーションケーキに使用して好評だった

ウィルトン4Bの口金です。

ここで盲点だったのですが、
ウィルトンの4Bはギザギザが細かくて浅いのです。

そのため、絞った後にマカロンを乗せて挟むと…

せっかくの絞りのギザギザが全てなくなりました(笑)

こちらの写真4Bで絞っていますが、わからないですよね^^;

なので、マカロンのクリームを絞るなら
深めに切り込みがある口金、切込みに幅がある口金
が良いのだなーと感じました。

(私が最初に使った星口金は8切です)

当たり前にやっている事から視点をずらす

そういえば、今回マカロンにサンドした

「ガナッシュ」自体も、

昔、見習いシェフが間違って生クリームを
チョコレートにこぼしてしまったことがきっかけだったから

「ガナッシュ=まぬけ」

って名前がつけられたって話を
どこかで教わった記憶があります。

こぼしたのは牛乳だったかなー?
←まあ、どうでもいいですね笑

偶然による発見って結構多いと思いますが、

日頃から当たり前にやっている事を
違う視点から眺めてみる意識を持てば、

より色んな発見やアイデアに出会えそうですね^^

そんなことをマカロンを作りながら考えていました。

 

それでは、楽しいお菓子づくりを^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です