お菓子作り

オーブンを使う時に知っていてもらいたいポイント:お菓子の場合

前回、オーブンの選び方について書きました。

今回はお家のオーブンでお菓子を作るときに、
頭に入れておいていただきたいポイントについて解説します!




オーブンの温度設定について

オーブンの温度についてですが、
基本的にレシピと同じ温度に設定していただいて大丈夫です。

ですが、もしもご自身のオーブンが

「ちょっと焼きが強いかも…」

と感じられるのでしたら

温度を10℃~20℃下げる

という対応が必要です。

時間を短くするだけだと、表面だけ焼けて、
中がイマイチ焼けてない!
なんて焼き上がりになる可能性もありますので、ご注意ください。

反対に、焼きが弱いなあ…

という場合は温度を10℃~20℃上げる

という対応をしてみてください。

どちらにしても最初は10℃から様子を見て、
その後更に調整するかどうか検討するのが良いかと思います。

ちなみに、少数派かもしれませんが、
お家のオーブンがガスの場合は
最初から温度10℃くらい下げちゃって大丈夫です。

焼き時間について

オーブン温度で書いたように、

焼きが強い、弱いだけでいきなり時間を変えてしまうと、
焼き上がりに影響する可能性がありますのでご注意ください。

時間については、個人的には

ほんの少し微調整したい場合
(もう少し色をつけたい、もう少しだけ火を通したい等)

に2~3分延長したり、早めに取り出したりって事があるかな

という感じです。

焼きが強い時の定番対処法:アルミホイルをかぶせる時のポイント

オーブンの焼き色が強いなあ…

と思った時に、簡単にできる方法が

アルミホイルをかぶせる

という方法です。

 

ですがこの時に気をつけていただきたいのが、

早い段階でオーブンを開けない

という事です。

早くにオーブンの扉を開けてしまうと、
庫内の熱が逃げて、焼き上がりに影響する場合があります。

アルミホイルをかぶせるイメージとしては

8~9割焼成した後、アルミホイルをかぶせる

という感じです。

2段焼きはNGか?OKか?

よく2段焼きはNGなんて話をききますが、

私は
お菓子によってはOKと考えます。

クッキーや、マカロン、ロールケーキ等

薄くて、焼き時間が比較的短いタイプのお菓子は
2段焼きで問題なく使えています。

(オーブンによるかもしれません)

焼きムラが強いオーブンは、
焼きが強い部分にお菓子を置かない

等の工夫が必要な場合があります。

大切なのはオーブンの癖を理解すること

色々書きましたが、一番大切なのは

自分のオーブンの癖を知り、
事前に対策を考える

という事です。

職業柄、同じメーカーの同じ型番のオーブンを
何十台と同時に使ってきましたが、

やはり同じ商品でも、
オーブンによって焼き加減が変わる

なんて不思議現象も目にしてきました^^;

なので
焼きの強さ、弱さ、焼きムラなど

よく観察しながら、

このお菓子はこういう調整が必要だな

という戦略をストックしていく必要があります。

古いオーブンや、小さいオーブンは
調整するに限界があることもあるので、
この場合はやや諦めも必要なこともあります^^;

参考までに、私が考えるオーブンを選ぶポイントについても書きました!

あわせて読みたい
お菓子づくりに適したオーブンは??どこのメーカーがお勧め?お菓子を教える仕事をしていて、よくご質問いただくのが オーブンの選び方 です! オーブンって、なかなか買い換えることっ...

 

特に、初めて挑戦するお菓子は

焼成中も目を離さず注意して観察してあげてくださいね^^

今日はクリスマス・イブです。
お菓子をご家庭で作られる方も多いかと思います^^

大切な方や自分のために、楽しいお時間をお過ごしくださいね。

それでは!




自宅にいながら「教えること」を仕事にする

自宅で働く方法は様々ですが、私がお勧めしているのは
「教えること」を仕事にするライフスタイルです。

誰かの役に立ちながら、
自分の得たい収入も働く時間も選べる働き方を目指したい方に向けて
私が実践していることや学んだことを書きました!