生クリームの失敗しない選び方

ショートケーキや、ロールケーキ、ムースなど
お菓子の材料として出番が多い生クリーム。

意外と種類が多くてどれを選べばいいの?
と悩んでしまいますね。

今回は
「この生クリーム使っておけば、間違いない」
というものと、選び方をご紹介します!




 

お勧めメーカーはこちら

手に入りやすく、お味も安心のナカザワ

私がずっと使っていたのがこちらのナカザワの生クリーム。


※写真は業務用ですが、小さいサイズもあります。

レッスンでも美味しい!と好評でした^^

どれにしようか迷ったら、
「とりあえずナカザワ」を使用すれば安心ですよ。

 最近のお気に入り、オーム乳業

しかし、最近ちょっと浮気でして。

最近のお気に入りはこちらのオーム乳業の生クリームです。

偶然ネットで買い物中に見つけたのですが、
「いつも同じ生クリームだからたまには違うものを使ってみよう♪」
と、実験も兼ねて購入したのがきっかけです。

何が違うのかなー?と気になり、
いつものナカザワの生クリームも一緒に準備しました。

そこで衝撃の発見!
色が…違う!!

生クリームのメーカーによる色の違いって、
今まで意識した事なかったのですが、
(脂肪分が高いと色が黄色くなるとかは別の話しで)
これは新たな発見でした。

オーム乳業の生クリーム(左)は真っ白です!

※ちなみに、オーム乳業の生クリーム(左)は40%
ナカザワの生クリーム(右)は36%のものです

デコレーションするとさらにその白さが際立ちました。

これは良い!!デコレーションにぴったり!
と、テンションも上がります。

そして肝心のお味ももちろん、
お、おいしーい!

何というか、ざっくりで申し訳なのですが
すっきりとしたお味。
(ナカザワはコクがしっかりとある感じです)

ふんわり滑らかな口触りも完全に私好みで、
完全にオーム乳業に心奪われました。

ぜひぜひ1度は使っていただきたい生クリームです^^

ここが惜しいよオーム乳業

そんな感じでオーム乳業ブームが到来したわけですが、
いいことづくしではなく、若干デメリットもあります。

それは、単純に、手に入りにくいこと!
九州だと売っているのをみかけたような、ないような・・・

私が購入したのは業務用で1リットル入りのものですが、
(cottaで購入しました!)

賞味期限も短いため、この量だと
使い切れるかどうか問題が発生します。

なので、オーム乳業について熱く語っておきながら何ですが、

ナカザワの生クリームでもちゃんと美味しく作れるよ!
ってことだけ言わせておいてください^^

(その先は自分の都合だったり好みだったりします。)

あとは、別メーカーで、
タカナシも良いとの話を教室仲間から聞きました。

私はタカナシをあまり使っていないので
「良いらしいよ♪」

ってことで留めておきますね^^

使ってみたらまた記事にしたいと思います♪

まとめ:お勧め生クリームメーカー

・オーム乳業
・ナカザワ
(・タカナシ)

のものを選んでおけばとりあえず
間違うことはないよ、というお話でした。

乳脂肪分から見る選び方

お勧めのメーカーはわかった。

じゃあ…
と次に出てくるであろう問題が

乳脂肪分は何を選べば良いかわからない問題

ですよね。

早速見ていきましょう。

 

迷ったら40%にしよう

結論から言うと、
お菓子づくりには40%がお勧め!

作業しやすさも、
味の美味しさも、とてもバランスが良いです。

でもでも、スーパーで40%のものって
あまり見かけないですよね。

そんな時に使うテクニックが
「ブレンド」です。

35%と45%を同量でブレンドすれば40%になります!

ナカザワのサイトでとても丁寧に教えてくれていますよ^^

ブレンドしてホイップすることは可能です。
ただし、ホイップするには脂肪分がおおよそ35%以上必要になりますので、脂肪分の合計が35%以上になるようにブレンドしてお使いください。

NAKAZAWA:脂肪分の違うクリーム類をブレンドしてホイップすることはできますか?より引用

ブレンドが面倒な方はこの視点で選んでみてね

ブレンドが面倒だー
という方は、

すっきりしたお菓子にしたい→36~38%

生クリームそのものの味やコクを楽しみたい→40%以上

という目安で選んでみてくださいね。

ではでは、楽しいお菓子づくりを^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です