お菓子作り

クレームブリュレにはカソナード?本当に必要??





クレームブリュレを作るには、カソナード!

という情報を耳にして、何となく気になっていました。

本当にブリュレにカソナードが必要なのかなー?と。

というワケで、グラニュー糖と比較して検証してみました。

何でクレームブリュレにカソナードが必要なの??

カソナードはフランス製のさとうきび100%の精製されていないお砂糖で、
ブラウンシュガー(茶色いお砂糖の総称)のひとつです。

きび砂糖とは精製方法が違うので、別のものになります。

また、精製された白砂糖よりもミネラルが含まれます。

では、今回のテーマなのですが、
何故クレームブリュレにカソナードが良いと言われているのでしょうか?

色々と調べていたのですが、一番は

焦がしを均一にできる

という意見が多かったです。(yuiko調べ。)

また、

味がより旨味があって美味しくなる

という意見も。

 

白砂糖よりも旨味・コクがあるという点は、
成分的に納得できるのですが、

焦がしを均一にできる

という点が引っかかりました。

←本当に?って疑っているということですw

というわけで、早速実験開始です(`・ω・´)シャキーン

カソナードとグラニュー糖を比較してみた。

最近よくマカロンを作り、卵黄が余るので、
ついでにブリュレを作る機会が多いです^^

来客時に便利なのです‐♪

というわけで今日も冷蔵庫にブリュレがございます。

夫のおやつ時に実験してみました。

見た目を比較してみた

左がグラニュー糖、右がカソナード。

バーナーで焦げをつけてみます。

あ、バーナーを使わない焦がしも以前実験してみましたー。

あわせて読みたい
クレームブリュレを、バーナーを使わず仕上げた結果先日、卵黄が余ったので、前から気になっていたお菓子を作ってみました。 気になっていたお菓子というのは、 クレームブリュレ! ...

焦がしてみた写真がこちら。

※途中でガス欠になったので、中央だけの焦がしでごめんなさい←

…うーん、3回くらい確認したのですが、

どれだけポジティブに観察しても、大して見た目の違いを見つけることができません(笑)

味を比較してみた

見た目は違いが見当たりませんでしたが、

やっぱりお味は予想通り、カソナードの方がコクのある印象。

クレームブリュレ自体にも、ブラウンシュガーを使用すると

よりコクのある仕上がりになりますので、「味」という観点からは
より良くするために使用するというのはアリかなと思います。

ちなみに、きび砂糖でも比較しましたが、
同じような結果でした。

カソナードとグラニュー糖の比較・結論

・味をより良くしたいならカソナード導入はアリだと思う。

・焦がしを均一にするという目的ならば、使わなくてよいのでは。

・グラニュー糖でも美味しく作れるよ。

 

という結論になりました^^

お菓子の材料や道具って、どれだけでも増えていくので、
最終的にはどこまでこだわりたいか

という話になってきます。

 

個人的には、きび砂糖で十分美味しく綺麗に作れるので、
きび砂糖で代用しちゃうかな

と感じました。

ご参考まで^^

 

それでは、楽しいお菓子づくりをー^^




自宅にいながら「教えること」を仕事にする

自宅で働く方法は様々ですが、私がお勧めしているのは
「教えること」を仕事にするライフスタイルです。

誰かの役に立ちながら、
自分の得たい収入も働く時間も選べる働き方を目指したい方に向けて
私が実践していることや学んだことを書きました!