ライフスタイル

やるべき事に追われてイライラする!!そんな状況を変える習慣

子育てしながら、何だかんだで2ヶ月目からは仕事を再開しています。

今となっては穏やかに過ごせるようになりましたが、

娘が生後1ヶ月~2ヶ月の時期は、とにかくイライラしていたなあ、と思います。

仕事も家事も子育てもっ!やりたいことがやれなーいっっ!!

といった感じで。

日々のやらねばに追われてイライラしていたのですが、
とある気付きからイライラ生活から卒業できました。

今日はそんな気づきについて書いていきます。




やらねばと思っていることは大抵自分が勝手に選んでいること

主婦の方とお話していると、
日々「やるべき事」に追われてしまう
という話題になります。

私も主婦なので、とても理解できます。

ですが、よくよく聞いていると、
日々を忙しくしてしまう「やらねばならぬリスト」というものは、

別に誰かに頼まれたワケでもなく
自分で勝手に「やらねば」って決めていることが多いようにも感じます。

私の場合もまさにここで、
「自らそれを選択している」
という事に気づけずに苦しんでいました。

客観的に眺めると見えてくるギャップや思考の癖

例えば、私は掃除の方法でよく夫と揉めていたのですが、

私「何で少しも掃除してくれないの!」

夫「俺やってるよー!」

私「全然やってないじゃーん!怒」

みたいな会話が頻繁に交わされていたんですね(笑)

よくよく聞くと、こんなギャップが生じていたんです。

  • 私にとってのお風呂掃除=浴室全体を磨き、水気を切るところまで
  • 夫にとってのお風呂掃除=浴槽をシャワーでさっと流して軽く磨いただけ

同じ「掃除」でも感覚が全く違っていたんですね。

 

あと、掃除の頻度についても

  • 私の理想=毎日家を掃除機&モップかけたい!!←出来なくてイライラ
  • 夫の理想=モップは3日に1回で良くね?←私が勝手にイライラすることにイライラ。

みたいな感じで揉めていました(笑)

文字にするとなんて不毛なのだーと思いますね^^;

私は夫の3倍くらい掃除を「やりたい」と思うから、
私が夫よりも掃除をやる状況になっているだけで、
それを勝手に「やってあげてる」という意識になるのは違うことに気づきました。

(夫も気になる部分があれば勝手に掃除してくれていました)

また、掃除をそんなにする必要がないと思っている人に対して
「何でやらないの?」とぷんすかしたところで、
互いに噛み合わないし、相手にとっても大概「迷惑」なんですよね。

ついつい自分の価値観で世界を回してしまいますが、
この頃の私は「相手には相手の価値観がある」
という当たり前すぎる事実に目を向けられていませんでした。

やりたくてやっている、という言葉の魔法

はい、なのでここで

  • 「何で私ばっかりこんなことを…」
  • 「私ばっかり子育ても家事も仕事も忙しい…」

なんて感じで「私ばかり星人」

になりそうになった時に、
こう考えるとものすごくラクになった、というお話に入ります。

 

そのラクになる思考とは、

「私は、好きでこれをやっている」

と思うことです。

そう、洗脳です(どーん!)

 

仕事も家事も育児も

全て自分が「やりたくてやっている」

と思うと「確かにそうだよね」と妙に納得できちゃいます(笑)

 

毎日掃除しなくたって大丈夫だけど、
私は部屋が綺麗だと嬉しいから掃除する。

ご飯はたまにお惣菜だって外食だっていいけど、
私は野菜をたくさん食べたいから自炊する。

といった具合に。

単純に視点を変えるだけなのですが、効果はバツグンで、
日々のイライラが雲が晴れるように消えていくのを感じました。

 

それでもイライラする時ももちろんありますが。
(女性はホルモンバランスの影響も受けますよねー)

そんな時には「洗脳」の強度を強くする感じで

「好きでやっているんだ…」

と唱えながら動きます(怪しいw)

 

何事も「諦め」が肝心

そもそも私は1日に10しかできないのに、
気合で20できると自分の力を過信して生きてきました。

だから常に忙しそうだし、余裕がありませんでした。

でも、もう最近は完全に諦めています(笑)
30になって、ようやく自分のスペックを理解できました。

1日に10どころか、1できたらOK。

2できたら、今日はいい感じ♪

3できたら神なの!?

みたいな感じです(笑)

 

そして、不思議と1日20の事をやろう!
と張り切っていた頃よりも、

はるかに部屋を綺麗にキープ出来ているし、
仕事も前よりぐんと進めることができているんですね。

1日にものすごいやる気を出してエネルギーが切れるよりは
毎日コツコツ、ちょっとでもいいから前に進むことの大切さを
日々感じています。

できない事を嘆くのではなく「楽しみ」としてとっておく

私は興味関心があらゆる事にあるタイプなのか、

常に

あれもやりたい!
これもやりたい!

と思う欲張りなタイプです。

でも、時間は限られているので
やりたい!と思ったうちの半分も終えられずに、
常に「やりたい事」というものが増えていきます。

そんな時も「やりたい事ができないー」
と以前はモヤモヤ感じていたのですが、

「今できない事は、今後の楽しみにとっておこう」

と切り替えることで、これまた気持ちが楽になりました。

 

仕事でも、やりたい事は常にたくさんありますが

タイミング、自分の実力、時間、資本

等の観点から諦めざるを得ないことだらけ。

それでも

◯年後はできるかもしれないから今は出来ることを頑張ろう

と考えることで、目の前の事に集中することができます。

それでも日々の忙しさやイライラが止まらない場合

洗脳作戦も、諦め作戦もダメな場合は…笑

やっぱり今やっていることを

「減らすことはできないか?」

「効率よくこなす仕組みは作れないか?」

という考えで、
日々の過ごし方を工夫するのが一番かなと個人的に感じています。

ポイントは「不快」を感じたときにそれを見逃さないこと。

不快=改善の余地がある

ということなので、不快だなーと感じたら、
これからは「チャンスだっ!」と喜びましょう。

しかしこれは人に言うと軽く変態扱いされますから、
自分の脳内にとどめておくのが良いですね(笑)

 

まとめ

総じて今回書いていることは

「視点をずらす」

ということですが、

物事のプラス面とマイナス面を感じたときに

プラスを見ることのできる人で在りたいなと思っています。

 

それでは今日はこのブログを書けたからOKということで、

残りの時間はダラダラしようと思います(笑)

ではでは^^

p.s

年賀状を書くというタスクを3日間引き伸ばしていますが

永遠に引き伸ばしそうです。

今日1枚でも書けたら、自分を褒めたたえてあげようと思います。




自宅にいながら「教えること」を仕事にする

自宅で働く方法は様々ですが、私がお勧めしているのは
「教えること」を仕事にするライフスタイルです。

誰かの役に立ちながら、
自分の得たい収入も働く時間も選べる働き方を目指したい方に向けて
私が実践していることや学んだことを書きました!