お菓子作り

スポンジケーキには、どの型がお勧め??

スポンジケーキを焼くなら
「ブリキのデコ缶」を使うと良いよ!

というお話をよく耳にします。

ブリキのデコ缶はそんなに魅力的なのか?

ちょっと気になる【型】の影響について
簡単に検証してみましたー^^

ブリキのデコ型って?底取?共底?どっちがいいの?

ブリキのデコ缶ってこういうやつです。

私は共底タイプ(底が取れないタイプ)
を使っていますが、
底取タイプでも特に問題はないです。

←たまに、底取を使うと生地が漏れてきて良くない
という事を言う人がいますが、
そもそも生地が漏れたことが私はありません(笑)

例えばスポンジケーキ以外で、
ひっくり返すのが難しいケーキやパンは、

(←焼き上がりが柔らかいチーズケーキとか、
フィリングが表面にたっぷり乗ったパンとか)

底取タイプの方が良いですね。

ご自身がよく作るもの、
今後作りたいものをイメージして、
選ばれると良いかと思います^^

何故ブリキのデコ缶が、スポンジケーキにお勧めなの??

何故、スポンジケーキを焼くのにブリキがお勧めと言われるのか?

それは「熱伝導の良さ」からです。

※スポンジケーキは卵の気泡が、熱により
膨らむことにより生地が押しあげられて
ふわふわになります。

なので、熱伝導の良さ、というのは
とても大切なのです。

あとは安価なのも嬉しいですね^^
使うほど、油が馴染んで型離れがよくなります。

手入れが難しいというイメージが先行しますが、
そんなに難しいことや面倒なことは必要ありません。

ご参考まで↓

【ブリキ型のお手入れ】

  • 初めて使うときに、180度程度で10分くらい空焼きして、
    そのあと、薄く油を塗り込んでおく。
  • 使った後は、熱いうちにケーキを取り出し、
    乾拭きして、薄く油を塗り込んでおく。
    ※水洗いは汚れがひどいとき。

 

疑問1:テフロン加工の型じゃだめなの❓

型の手入れが楽だし、
焼くだけでなく冷やすタイプのお菓子にも
使いやすいのが魅力のテフロン型。

わざわざブリキじゃなくって
テフロンでも良い気がしますよね。

実際にどうなんでしょうか??

疑問2:型の違いって出来上がりにそんなに影響するものなの❓

ブリキでもテフロンでも、要は美味しく、
綺麗に焼けてさえくれたら良いのです。

素人にはわからない程度の違いならば、
基本的に道具にこだわりすぎなくて良いんじゃない?
というのが個人的な意見です。

でも、仕上がりが
目に見えて違いがわかる場合は
こだわった方がいいですね^^

(美味しさと、見た目の綺麗さは譲れない!)

なので、実際に型の違いによってどの程度
出来上がりが変わるのか?

テフロン型とブリキ型で比較してみました!

結果:ブリキとテフロンでスポンジケーキを焼いてみた

こちらテフロン型で焼いたスポンジ。

うーん高さはちょうど5cmといったところでしょうか。
(ちょっと低いですね)

定規のあて方がいまいちで分かりづらくてすみません;;

別の比較のために作ったスポンジ写真を引っ張りだしてきたので、
2枚にスライス済みなのですが、
高さは一切いじっていません(笑)

こちらはブリキの型で焼いたスポンジ。

見た目はテフロンとさほど変わらなそうですね^^

高さはどうでしょうか??

 

…ん?

…1cmも高さが違う!!!!

結構差が出るのですねー!
さすがブリキさまさま。

結論:型選びはこうしよう

テフロンとブリキ、比較してみることで、
その差が明らかになりました。

もちろんテフロン型で作れないこともないですが、
やっぱりスポンジケーキは
ふわふわであってほしいもの。

ブリキ型は高価な型でもないので、
お家でスポンジケーキを焼くならば、
1つは持っていて良い型だなと
比較をすることで改めて感じました^^

スポンジを焼くときには、
頭の片隅に型のことも置いてあげてくださいね^^

※今回の比較は、同時比較ではなく、
過去の写真の比較です。(別日に焼いたもの)

レシピは同じものでしたが、
また改めて実験してみて、
高さの違いが出るか確認してみたいなと
思っています。

それでは、楽しいお菓子づくりを^^

自宅にいながら「教えること」を仕事にする

自宅で働く方法は様々ですが、私がお勧めしているのは
「教えること」を仕事にするライフスタイルです。

誰かの役に立ちながら、
自分の得たい収入も働く時間も選べる働き方を目指したい方に向けて
私が実践していることや学んだことを書きました!