ビジネス

ブログが書けない!ブログが続かない!そんな時に考えてみたいこと

ブログって書いていますか?
ブログを書く理由や目的は様々ですが、

ブログを書こう!と思って書き始めたものの、

  • ネタがない
  • 上手に書けない
  • 続かない(時間がない)

等の理由で挫折する方はとても多いです。
(相談される事が多いので、感じることです)

「ブログが続かない(書けない)」と
言われる方には
何となく共通する部分があるなー感じています。

なので、今日はブログが続かない問題
について考えてみたいと思います。



ブログが続かない人の特徴

以下、私がブログを書けなかった頃や、
書けないと言って悩んでいる方に共通する特徴です。

特徴1:真面目である

多分ここに当てはまる人が
一番多いのではないかな?と感じています。

あ、もちろんブログを書けている人が
不真面目と言いたいわけではないです(笑)

真面目な方、頑張り屋さんの方は

良い記事を書こう!!

と思うばかりに(そのこと自体はとても良いことです)

  • こんな事かいたらダメかも
  • こんなレベルで公開できない
  • もっと学んでから書いてみよう

等と、「書く」「発信する」
ことに対するハードルをものすごく上げてしまいがちです。

1記事1記事に完璧主義を発揮してしまって、
結果「書けない」のです。

もちろん、良質な記事を書こうという意識は
大切です。

ですが、そもそも最初から上手に書ける人はいないし、
どれだけノウハウや知識を詰め込んだり、
リサーチを繰り返したところで、
「ブログを書く」というスキルは伸びません。

例えば、ピアノを弾けるようになりたいと思って
いくら楽譜を読んでいても、全く上達しません。

まずは間違えてもいいから指を動かして
鍵盤に触れることからスタートしますね。

ブログも同じことです。

スタート時に「書けない」ことは当然なので、
下手でも、書き方がわからなくても、
クオリティが低くても

とりあえず「書く」

という事が何よりも大切なはじめの一歩です。

真面目を発揮してしまう方の処方箋

  • ブログは後から修正することができる
  • 下手だったらそもそも読まれないから、
    まずは思うように書いて大丈夫(笑)

と思えば楽に書けるかもしれません\(^o^)/

特徴2:承認欲求が強い

これは自分でも気づいていない方が多いかもしれません。
ですが、ここにハマってしまうとなかなか厄介です。

ブログを頑張って書いていると

ブログを読んでほしい!

と強く思いすぎてしまったり、

人からどう思われるか

を必要以上に気にし過ぎてしまったりすることがあります。

 

こういった「承認欲求」をベースにブログを書いていると
結構すぐに苦しくなる時期がやってきます。

ベクトルを常に自分に向けてしまっている状態ですね。

そうではなく、

読んでいただく方に向けて
(ベクトルを読者にむけて)
書く意識を持つ

ことが大切です。

書き手がどう思われるか
という自分の事よりも

読み手に何を得ていただくか
という相手の事を考えて書く。

この視点を持てるだけで、
ブログがもっと書きやすくなります^^

また、自ずとそういった記事の方が
読まれるのでアクセスが伸びるし、

読者さんからリアクションもいただけるようになるので、
自然とブログを書くことが楽しくなっていきます^^

承認欲求がダメなのではなく、気付くことが大切

もちろん承認欲求というものは
多かれ少なかれ誰しも持っているものです。
(もちろん私も)

なので、承認欲求を発揮してしまう事を悪い!
と思わずに、

そんな自分の状態に気づけたときに

「いけないいけない^^」

と、自分で軌道修正できるかどうかが大切だと感じています。

承認欲求を発揮してしまうときの処方箋

  • 人は自分にそこまで興味はない\(^o^)/
  • ブログもそんなに最初は読まれてない\(^o^)/

 

自分が気にする程、人はそんなに自分の事を
見てはいないので、思い切って発信していきましょう(笑)

特徴3:根性で書こうとする

ブログを書くこと自体がとてもストレスになっていたり、
ブログを書く時間がとれずに書けなくなっている

という方は一度
「書き方」や「取り組み方」そのものを
見直すことがお勧めです。

よくあるのは、
毎日更新しようとして挫折してしまうパターン。

毎日コンスタントに更新できるなら
それで問題はありませんが、

毎日同じような過ごし方ではないので、
なかなか現実問題として難しいし、
続けていけば、どこかで負荷はかかりますよね^^;

ブログは根性や力技で書き続けるのではなく、
取り組み方そのものを
仕組みや習慣にしてしまうほうが断然ストレスなく取り組めます。

と言いながらも実は私、12月は
「毎日更新したらどういう事がわかるのか」
という実験をしていました。

この場合は
「毎日更新する」
という前提で物事を考えているので

今日は書こうかなー、どうしようかなー
という迷いは生じません。

淡々と、「書く」のみです。

ブログを書くという事に対して、
感情をあまり用いなことで
毎日コンスタントに書くことができました。

また、毎日更新するために

  • ネタ出し
  • 試作
  • ブログを書く
  • 写真を撮る

等の作業をまとめるようにしていました。

なので、
毎日ネタを考えて、
毎日ブログを書いて、
毎日試作をして…

という書き方ではなく

今日はネタを出す
と決めて、それだけをやる。

今日は作品を作る
と決めて、それだけをやる

というように、
同じ作業をまとめて終わらせてしまうことで
効率よく更新できました。

このやり方はかなりお勧めです^^

特にブログを習慣化させたい方は、
同じ作業をまとめて処理していくこと
を意識してみてください。

特に、考える時間と作業する時間は
完全にわけてしまうのがお勧めです。

根性で書こうとしてしまう時の処方箋

頑張るのは、ブログを書くことではなく
そのための仕組み作りや習慣化。

無理が生じる時は力を入れるところを
一度見直してみてください\(^o^)/

何よりも大切なのは書く「動機」そのもの

そもそも論になってしまいますが、
何よりも大切なのはブログを書く「動機」です。

  • ブログを書くことを楽しみたいのか
  • ビジネスにつなげたいのか
  • 集客として活用したいのか
  • ブランディングの一貫なのか

などなど、
ブログを書く目的は様々です。

何故自分はブログを書いているのか
(書こうと思っているのか)

という事を最初にはっきりさせておくことで

じゃあ、そのために何ができるか?
が明確になっていきます。

これは当たり前の話なのですが、

何故書くのか
という部分がぼんやりしている方は
結構いらっしゃるなと個人的に感じています。

何となくブログを書いていても
大抵は続かないと思うし、

ブログを書くことに対しても、
そこから得られる結果に対しても、
満足度は低いのではないかなと感じます。

ノウハウや知識よりも先に
自分自身としっかり向き合うという事が、
最終的にブログが続く1番のポイントかもしれません。

ブログの書き方は人それぞれなので
私のやり方も合う、合わないがもちろんあると思いますが、
もし相性の良さそうなやり方があれば
やってみていただけたらと思います^^

私も年明けからは少しブログ更新をペースダウンしつつ、
また何かしら実験は続けていきたいなーと思っています。

それでは良いお年を^^
また来年も更新します♪




自宅にいながら「教えること」を仕事にする

自宅で働く方法は様々ですが、私がお勧めしているのは
「教えること」を仕事にするライフスタイルです。

誰かの役に立ちながら、
自分の得たい収入も働く時間も選べる働き方を目指したい方に向けて
私が実践していることや学んだことを書きました!