バタークリームの種類を理解して、使い分けよう。ブッシュドノエルやパリ・ブレストなど




クリスマスの浮かれた雰囲気は今日で見納めですねー。

明日からは年末&お正月モード。
一気に季節が移り変わっていきますね^^

我が家では抹茶ベースのバタークリームを使った
抹茶オペラ(風)を作りました。

うん。クリスマス感ない(笑)

バタークリームってこのシーズンよく出てくるのですが、
実は一言で「バタークリーム」といっても色んなタイプがあるのを
ご存知ですか^^?

知識として知っておくと、
レシピを見る時にも選びやすいかなーと思いますので

簡単に解説してみますね^^

バタークリームのタイプ王道3つ

基本的にこの3つを知っておけば、
かなりお菓子づくりの幅が広がり楽しくなります^^

イタリアンメレンゲタイプ

イタリアンメレンゲ(加熱したシロップを加えて作ったメレンゲ)
+バターの構成です。

特徴

  • 溶けづらい、比較的劣化しにくい
  • 色が白いので着色してデコレーションにはぴったり
  • 常温のお菓子にも使える
  • 口溶けは他のタイプよりやや劣る

私はデコレーションに使用することが多いです。

パータボンブタイプ

パータボンブ(卵黄(or全卵)に熱いシロップを注ぎ、泡立てたもの)
+バターの構成です。

特徴

  • 卵黄のコクにより、カスタードのような風味を楽しめる。
  • 口溶けが良い
  • 量が多いとくどく感じる

 

私はとにかくこのタイプが大好きで、
マカロンに挟んでいます^^

アングレーズソースタイプ

アングレーズソース(卵、牛乳、砂糖を混ぜて炊いたもの)
+バターの構成です。

特徴

  • 口溶けがとても良い(滑らかさが特徴)
    ←牛乳が加わるため。
  • 水分が多いので分離に注意
  • 日持ちしない
  • デコレーションには不向き

 

今回の抹茶オペラもこちらのタイプです。

昨年は普通のオペラ作っていました。

バタークリームが美味しいお菓子

  • マカロン
  • オペラ
  • パリ・ブレスト
  • ブッシュドノエル
  • バターサンドクッキー

などなど。

結構メジャーなお菓子たちは

実はバタークリーム!
みたいな事も多いです。

バタークリームって名前聞くと
何故か「くどい!」と嫌う方もいらっしゃるのですが、

きちんと丁寧に作ってあげたクリームは
ものすごーく美味しいですよ^^

上記3種のクリームから更にアレンジも可能なので、
どんどん広がるレパートリーは、
マニアックな人にもたまらないです(笑)

美味しく作るポイントは

バターをしっかりホイップすること

です。

あとは、それぞれブレンドする時に
(イタリアンメレンゲやソースなど)

ちょっとずつ加えて、都度しっかり乳化させる

ということです。

クリスマスは終わってしまいますが、

まだまだ濃厚なお菓子が美味しいシーズンが続きます^^

バタークリームのお菓子、ぜひチャレンジしてみてください♪

 

それでは楽しいお菓子づくりを^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です